運行管理者試験対策.net > 問題演習CD音飛び対処法

問題演習CD音飛び対処法

問題演習CDに音飛びが生じる場合の対処法です!

〇CD盤面にキズがある!
〇キズは確認できないが、毎回同じ箇所で音飛びがする!

                矢印

※CD自体の不具合である可能性が高いので、交換又はご返金いたします。


〇CD盤面にキズはない!
〇再生するたびに音飛びがする箇所が異なる!

                矢印

※CD自体の不具合である可能性は低いので、以下の方法をお試しください。

1.CD盤面にホコリ等が付着していないかご確認ください。
 CD盤面にホコリ等が付着していると音飛びが生じることがあります。
 ホコリ等が付着している場合には、乾いた布で除去してください。

2.再生機器本体のCD読み取り部分をクリーニングしてください。
 再生機器本体のCD読み取り部分が汚れていると音飛び等が生じることがあります。
 取扱説明書に従い、再生機器のCD読み取り部分のクリーニングを行ってください。

3.他の再生機器(パソコン等)で再生してみてください。
 上記1.2.でも改善されない場合、他の再生機器で再生してみてください。
 パソコン等、他の再生機器で再生すると改善する場合があります。


お問い合わせ先

運行管理者試験対策.net(行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所)

営業時間

9:30~19:00(定休:水日祝)

連絡先

TEL:04-7121-3765 / FAX:04-7121-3761

★ご注意★
※商品交換を依頼される前に必ずお読みください!

 CD盤面に特にキズがないのに音飛びする場合、CDプレーヤー等再生機器(特に古いCDプレーヤー)との相性の問題であることがほとんどです。「音飛びする」とのことで返品されたCDを当方で再生しても音飛びしないことが多いです。
 商品交換をする場合、交換品については最後まで試聴を行い、不具合がないことを確認しています。交換品でも音飛びが生じる場合には、再生機器側の問題となりますのでご了承ください。

(C)2012 運行管理者試験対策.net All Rights Reserved.