運行管理者試験対策.net > 運行管理者よくある質問

運行管理者よくある質問

お支払方法について

Q1.運行管理者とはどのような仕事ですか?

運行管理者は、道路運送法及び貨物自動車運送事業法に基づき、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行う事業用自動車の安全運行を管理するスペシャリストです!


Q2.運送会社には必ず運行管理者を置かなければならないのですか?

運行管理者の人数については、貨物自動車運送事業輸送安全規則で“一般貨物自動車運送事業者等は、事業用自動車(被けん引自動車を除く。)の運行を管理する営業所ごとに、当該営業所が運行を管理する事業用自動車の数を30で除して得た数(小数点以下は切り捨て)に1を加算して得た数以上の運行管理者を選任しなければならない。”としています。

※従来は、営業所に配置する車両が5両未満の事業者(いわゆる5両割れ事業者)には運行管理者の選任を義務付けられていませんでしたが、5両割れ事業者については安全確保に関する法令違反が多いこと及び安全確保に対する社会的要請が高まっていることから、平成25年5月より5両割れ事業者にも選任が義務付けられています。


Q3.運行管理者になるためにはどうしたらいいのですか?

運行管理者として選任されるためには、運行管理者資格者証を取得する必要があり、運行管理者資格者証を取得するためには、運行管理者試験に合格するまたは一定の実務の経験その他の要件を備えるの2つの方法があります。

※平成28年12月の法令改正により、一般貸切旅客自動車運送事業の運行管理者については、資格要件が「試験合格者のみ」に限定されました。


Q4.運行管理者試験はいつ実施されるのですか?

運行管理者試験は、毎年3月と8月の年2回実施されます


Q5.運行管理者試験は誰でも受けられるのですか?

運行管理者試験を受験するには受験資格があり、一定の実務経験があるまたは自動車事故対策機構などが実施している基礎講習を受講していることが必要です。

ご注意:当方で実施している試験対策講座を受講されても運行管理者試験の受験資格は得られません!


Q6.運行管理者試験の合格率はどのくらいですか?

以前の運行管理者試験(貨物)は合格率50%前後の比較的易しい試験でしたが、社会的影響の大きい重大事故が発生している状況の中、運行管理業務の重要性は高まっており、近年の試験では難易度が上昇しています。
 平成25年度第1回試験で初めて20%を下回り、平成26年度第1回試験ではとうとう15%を下回りました。


Q7.運行管理者試験に申し込むにはどうしたらいいのですか?

運行管理者試験の申込みは、郵送インターネットにより行います。なお、試験の申込み期間は非常に短い限られた期間(3月試験の受験申請:前年の11月下旬から12月上旬 8月試験の受験申請:5月下旬から6月上旬)ですので、注意してください!


Q8.効果的に学習できる教材を教えてください!

当サイトでは、運行管理者試験に合格するための知識を効率的に習得できる運行管理者試験(貨物)合格必勝セットを販売しております!テキスト・過去問題集・模擬試験をパッケージしたお得なセット教材です。ぜひとも学習にお役立てください!


Q9.仕事が忙しくてなかなか勉強する時間がないのですが。。。

試験直前期には試験対策講座を開催しております。試験の出題ポイントを1日ですべて習得できる【速習ポイント講座】、本番さながらの【実践模擬試験】、さらに一問一答形式による試験直前だけの【直前特別演習】と学習の進み具合に合わせたカリキュラムになっております。合格を確実なものにしたい!という方はぜひとも受講をご検討ください!


Q10.スキマ時間に勉強したいのですが。。。

「仕事が忙しくて自宅でテキストを読んでいる時間がない。。。」というような方向けにeラーニング(オンライン講座)も運営しております。オンライン講座では、テキスト・過去問題・模擬試験をWeb画面上で読むことができます!ご自宅のパソコンだけではなく、iPhoneなどスマートフォンの画面でも読むことができますので、通勤時や休憩時間などちょっとしたスキマ時間に学習することが可能です!

ミニトラック画像
HOMEへ戻る

ページトップへ戻る

(C)2012 運行管理者試験対策.net All Rights Reserved.