運行管理者試験過去問題 - 平成28年度第2回(貨物)-解答・解説-

平成28年度第2回運行管理者試験 -貨物-(H29.3実施)-解答・解説-

1.貨物自動車運送事業法
  問1 正解1,4

2.誤り。事業者は、運送約款を定め、又はこれを変更しようとするときは、国土交通大臣の認可を受けなければならない

3.誤り。前半は正しいが、後半が誤り。事業者は、運行管理者がその業務として行う助言を尊重しなければならず、事業用自動車の運転者その他の従業員は、運行管理者がその業務として行う指導に従わなければならない


  問2 正解 A3 B7 C6 D4

一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の(A=数)、荷役その他の事業用自動車の運転に附帯する作業の状況等に応じて必要となる員数の運転者及びその他の従業員の確保、事業用自動車の運転者がその休憩又は(B=睡眠)のために利用することができる施設の整備、事業用自動車の運転者の適切な(C=勤務時間及び乗務時間)の設定その他事業用自動車の運転者の(D=過労運転を防止)するために必要な措置を講じなければならない。


  問3 正解1,2,3

4.誤り。輸送の安全に関する基本的な方針の策定その他の国土交通大臣が告示で定める措置を講ずることは事業者の義務であり、運行管理者の業務ではない。


  問4 正解4

4.誤り。乗務前及び乗務後の点呼のいずれも対面で行うことができない乗務を行う運転者に対しては、乗務前及び乗務後の点呼の他に、当該乗務途中において少なくとも1回電話等により点呼(中間点呼)を行わなければならないが、この場合における「乗務前及び乗務後の点呼」とは、同一乗務において実施する点呼を意味する
 したがって、本肢の2日目の乗務の場合、乗務前の点呼は対面で行うことができないが、乗務後の点呼については対面で行うとされているので、必ずしも中間点呼を行う必要はない


  問5 正解2,4

1.速報を要しない。「2人以上の死者を生じた場合」には事故の速報を要するが、本肢の場合、死者が1名なので、速報が必要な事故には該当しない。なお、人数にかかわらず、死者が生じた事故には該当するので、事故の「報告」は必要である)。

2.速報を要する。本事故は「酒気帯び運転を伴う事故」に該当するので事故の速報を要する。

3.速報を要しない。本事故は「法令に定める鉄道施設を損傷し、3時間以上本線において鉄道車両の運転を休止させた事故」に該当するので、事故の「報告」は要するが、速報までは要しない

4.速報を要する。本事故は「5人以上の重傷者を生じた事故」に該当するので事故の速報を要する。


  問6 正解3

3.誤り。運転者が一の運行における最初の勤務を開始してから最後の勤務を終了するまでの時間は144時間を超えてはならない。


  問7 正解2

2.誤り。他の運転者と交替して乗務を開始しようとするときは、当該他の運転者から所定の通告を受け、当該事業用自動車の制動装置、走行装置その他の重要な装置の機能について点検しなければならない「運行の状況に応じて」必要な点検を実施するわけではない


  問8 正解3

3.誤り。車両総重量が8トン以上又は最大積載量が5トン以上の事業用自動車に乗務する運転者は、「貨物の積載状況」を乗務等の記録に記録しなければならない。貨物の積載状況を運行指示書に記録したことで、乗務等の記録に当該事項を記録したとみなされるわけではない


ミニトラック画像
HOMEへ戻る


運行管理者試験対策教材・対策講座

運行管理者試験 対策教材・対策講座のご案内

近年の運行管理者試験は合格率20~30%前後で推移しており、もはや一夜漬けの学習で合格することは困難です。対策教材や対策講座なども活用し、しっかりと学習する必要があります!

運行管理者試験対策教材のご紹介

運行管理者試験対策講座のご案内
【ご注意】試験の受験資格を得るための基礎講習ではありません。

ページトップへ戻る

▲ ページトップ
(C)2012 運行管理者試験対策.net All Rights Reserved.