運行管理者試験対策.net > 運行管理者試験対策講座 > 運行管理者試験合格必勝7箇条

運行管理者試験合格必勝7箇条

その一、全部で12問まで間違えてOK!

運行管理者試験は、全部で30問出題されます。そして、試験に合格するためには、原則として「総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること」が必要ですが、逆に考えると12問までは間違えていいのです!少し気が楽になりませんか?


その二、数字モノは必ず暗記せよ!

運行管理者試験では、『数字モノ』の暗記が重要です。数字モノとは、例えば、「〇〇の記録の保存期間は1年間」や「〇〇〇〇から5mは駐車禁止」といったものです。正確な数字を暗記していれば正解できるので、必ず覚えて得点源としてください!


その三、誤っているものを1つ選ぶ問題を落とすな!

近年の運行管理者試験では『正しいものを2つ選ぶ問題』や『選択肢すべての正誤判断をする問題』など出題パターンが様々ですが、効率よく得点を稼ぐには、『誤っているものを1つ選ぶ問題』を落とさない!ということです。
 誤っているものを1つ選ぶ問題の場合、他の選択肢に対する知識が不十分でも、正解となる選択肢の1箇所の誤りに気付ければその問題の正解が導き出せます。このような問題を取りこぼさず、しっかりと得点源にしてください。

必勝7箇条その2

その四、計算問題対策に時間をかけ過ぎるな!

運行管理者試験では、時間、距離、時速などを求める計算問題が出題されることがあります。苦手とする受験生も多いですが、計算の難易度は小学生の算数レベルなので、できれば正解したいところです。
 ただし、計算問題の出題数は1問のみであることが多く、稀にまったく出題されないこともあるので、あまり計算問題対策に時間をかけ過ぎず、他の択一問題などで効率的に点数を稼ぐことも重要です。


その五、直観的な事例判断も重要!

次の文は、実際の試験で出題された選択肢のひとつです。これは運転者に対する指導・監督として適切ですか?それとも不適切ですか?

貨物自動車運送事業者は、無事故無違反の運転者に対しては、安全運転に関する意識が高いことから、事業用自動車の事故防止に関する指導及び監督を行う必要はないが、死者を生じた交通事故を引き起こした運転者については、事故の再発防止を図るため特別な指導を行う必要がある。

正解は不適切です。確かに、無事故無違反の運転者は安全運転に関する意識が高いかもしれません。しかし、だからといって貨物自動車運送事業を行っていく上で、事業用自動車の事故防止に関する指導や監督を行う必要がないということはありません。
 ここでポイントとなるのは、法律的な知識というよりも、「さすがにこれはちょっとダメだろう」というような直観的な事例判断で正解できることもあるということです。


その六、見たことがない新傾向問題が出題される!?

近年の試験では、30問中3~4問程度は過去出題されたことがないような問題”や“市販のテキストにも載っていないような問題”」(=いわゆる新傾向問題)が出題されています。
 特に問24~30に該当する「実務上の知識及び能力」の分野は、その性質上、“出題範囲が無限である”といえ、このような新傾向問題が出題されやすいです。
 新傾向問題と聞くとドキッとするかもしれませんが、このような問題の中には、落ち着いて冷静に考えれば、さほど難しくないものもあります。(残念ながら難しい問題もありますが…)
 重要なのは、本試験でこのような問題を見てもパニックにならないことです!
 「どんなテキストにも載っていない『見たことがないような新傾向問題』が出題される!」ということを事前に意識しておきましょう!


その七、時間切れに注意するべし!

近年の試験では、複合的な知識を問うような問題が出題されることもあり、解くのに時間がかかる問題が増えてきています(特に問24~30の「実務上の知識及び能力」)。
 「時間切れで問題が解けなかった…」というのでは非常にもったいないので、試験の際は、時間切れにならないようなペース配分を心掛けてください。

ミニトラック画像
トップページへ戻る


トラック画像!

運行管理者試験対策教材の販売

運行管理者試験合格必勝セットのご紹介
ページトップへ戻る

▲ ページトップ
(C)2012 運行管理者試験対策.net All Rights Reserved.