運行管理者試験過去問題 - 平成24年度第2回(貨物)-解答・解説-

平成24年度第2回運行管理者試験 -貨物-(H25.3実施)-解答・解説-

1.貨物自動車運送事業法
  問1 正解:A-8 B-3 C-4 D-7

この法律は、貨物自動車運送事業の運営を(適正かつ合理的)なものとするとともに、貨物自動車運送に関するこの法律及びこの法律に基づく措置の遵守等を図るための民間団体等による(自主的な活動)を促進することにより、(輸送の安全)を確保するとともに、貨物自動車運送事業の(健全な発達)を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。


  問2 正解:1、4

2 誤り。事業者は、死者又は重傷者を生じた事故を引き起こした営業所の運行管理者に、当該事故があった日から1年以内において、できる限り速やかに国土交通大臣の認定を受けた特別講習を受講させなければならない。

3 誤り。運行管理者は、一般貨物自動車運送事業者等に対し、事業用自動車の運行の安全の確保に関し必要な事項について助言を行うことができる


  問3 正解:1、3

2 誤り。輸送の安全に関する基本的な方針を策定することは事業者の業務である。なお、運転者等に対し、国土交通大臣が告示で定める指導、監督及び特別な指導を行うことは、運行管理者の業務である。

4 誤り。休憩・睡眠に必要な施設を整備し、これらの施設を適切に管理し、及び保守することは、事業者の業務である。


  問4 正解:2

2 誤り。酒気帯びの有無について確認を行う場合には、運転者の状態を目視等で確認するほか、当該運転者の属する営業所に備えられたアルコール検知器を用いて行わなければならない


  問5 正解:1、2

3 誤り。一般貨物自動車運送事業者等は、運行指示書の作成を要する運行の途中において、運行の経路に変更が生じた場合には、運行指示書の写しに当該変更の内容を記載し、これにより運転者に対し電話その他の方法により当該変更の内容について適切な指示を行い、及び当該運転者が携行している運行指示書に当該変更の内容を記載させなければならない運行の開始及び終了の地点及び日時に変更が無い場合でも同様である

4 誤り。踏切を通過するときは、変速装置を操作してはならない


  問6 正解:2、3

1 誤り。事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間を定めるのは、事業者の業務である。

4 誤り。特別積合せ貨物運送を行う一般貨物自動車運送事業者は、当該特別積合せ貨物運送に係る運行系統であって起点から終点までの距離が100キロメートルを超えるものごとに、所定事項について、事業用自動車の乗務に関する基準を定めなければならない。


  問7 正解:3

3 速報を要する。5人以上の重傷者が生じた事故なので速報を要する。


  問8 正解:2

2 誤り。補助者に選任できるのは、所定の運行管理者資格者証を有する者又は、国土交通大臣が認定する講習を修了した者である。事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について2年以上の実務の経験を有していても補助者にはなれない


ミニトラック画像
HOMEへ戻る


運行管理者試験対策教材・対策講座

運行管理者試験 対策教材・対策講座のご案内

近年の運行管理者試験は合格率20~30%前後で推移しており、もはや一夜漬けの学習で合格することは困難です。対策教材や対策講座なども活用し、しっかりと学習する必要があります!

運行管理者試験対策教材のご紹介

運行管理者試験対策講座のご案内
【ご注意】試験の受験資格を得るための基礎講習ではありません。

ページトップへ戻る

▲ ページトップ
(C)2012 運行管理者試験対策.net All Rights Reserved.